観察力と洞察力の違いと鍛え方【対策問題あり】

2015/04/29

まず始めに観察力と洞察力の違いについて軽く理解しておきましょう。

観察力とは

物事の状態や変化などを客観的に幅広く、注意深く見ることができる力のこと。
=情報を収集する力。

洞察力とは

物事を観察して、その本質や、奥底にあるものを見抜くこと。見通す力のこと。
=情報を元に推察する力。

なので洞察力を鍛えたい場合はまず、観察力を鍛えて情報をより多く手に入れることで
洞察する際の判断材料が増え、より深くより正確な推察ができるようになります。

 

人間関係を円満にするにはまず洞察力を身につける。
洞察力を身につけるには、まず観察力を身につける。

 

日常生活を送るうえで切っても切れないのが人間関係。

職場、学校、家庭、様々な場所でコミュケーション力が問われると思います。

日々の生活に欠かせないのであれば、良い関係に越したことはないですよね。

自分の周りの環境を良くするにはその場での立ち振る舞いが重要です。

空気の読めない人にはなりたくないですよね。

他人を気遣える人、細かいことに気がつく人は周りから好印象を持たれます。

そういう人は周りの変化や細かい事に気がつき、状況を推測できる人。

 

では、そういう人になるにはどうすればいいのか?

まず、洞察力を身につけるのがいいでしょう。

でも 洞察力を発揮するには周りの変化に気づく必要があります。

それには観察力をつけなければなりません。

では観察力を鍛えるにはどうすればいいのか?

方法は幾つかありますが私がオススメするのは、みなさん一度はやったことがある「間違い探し」です。

 

例えば…
交際相手の髪型か変わった。
新しい小物を持っている。
体調が悪そう、どうしたのかな?
会議の空気が悪い何があったのか?

 

こう言った変化に気がつくと、自ずと相手にかける言葉や行動が変わってきます。

特に女性はちょっとした変化に気づいて、褒められたりすると嬉しかったりするものです。

 

【 それではここで間違い探しを一問】

観察力を身につける間違い探し画像間違いは3カ所

【ヒント】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それぞれの男性に一つずつ間違いがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(答えは下の方に掲載しておきます↓)

 

いかがでしたか?

間違い探しを定期的にやっていれば、細かい変化に気付きやすくなります。
脳トレにもなりますので、一石二鳥ですね!

 

noukatu.comでは定期的に間違い探しを出題しています。
・画像で間違い探し
・画像が徐々に変化間違い探し動画

よかったらこちらの問題にもチェレンジしてみてください!

皆さんの生活環境の向上と脳の活性化を願っております♪

 

【番外編】

ちなみに古代チベットで仏像の目にも使用されていたアベンチュリンという石があり、
この石には洞察力UPの効果があるとか。

気になる方は試してみてはいかがでしょうか?^^;

 

 

 

 

 

 

【 間違い探し答え】

1:左の男性の前髪の長さが違う。

2:中央の男性のメガネの色が違う。

3:右の男性の薬指に指輪があるかどうか。

-脳活コラム
-,